FC2ブログ

リネⅡ I.T.家の家庭の事情その5

2006-04-30

何もそこまで……

 私たちバーツ本家の上2人の憧れは、ミスリルチューニックとミスリルローブです。防具装備カタログを見ては、私とatelia、2人でため息をついています。
「いいわねぇ……ミスリルの黄色いローブ……」
「本当ねぇ……」
「着ている人を見ると、憧れるわねぇ……」
「でも、ギランに行けるようになったからとはいえ、まだまだ私たちには高嶺の花よねぇ」
「クエストで報酬を得ては、個人倉庫に少しずつ貯金していくしかないわよ。持っていればすぐ消耗品に消えてしまうし……」
「だよねぇ……」
 そこでソファから立ち上がったateliaは、後ろにいたelinoaと鉢合わせしました。
「わっ! ……て、elinoa、その黙って後ろに立っているの、やめてよね。びっくりするんだから」
 リアルの好きなアニメの1つ、『MADLAX』の登場人物から名前をもらったelinoaは、家ではときどき人に気配を感じさせず、空気のように存在していることがあるのです。しかし、私は気づいていたので、特に驚きもせず、静かにateliaに言いました。
「私は気づいていたわよ。あなたが鈍感なだけじゃないの?」
「はいはい、どうせ私は年中敵に囲まれてはやられて、経験値を減らす羽目になっていますよーだ! で、elinoaは何の用?」
 ateliaに言われて、elinoaは静かに口を開きました。
「あのー。お姉さま方、お尋ねしたいことがあるのですが……」
「何?」
 ateliaが問いかけると、elinoaは意外なことを言いました。
「メイド服風のローブって、ありませんか?」
 これには私もateliaも思わずズッコケました。ようよう立ち上がったateliaが問いかけます。
「あ……あなた、いきなり何を言い出すのよ!」
 elinoaは静かに、
「その……私の名前の由来になった方が着ていらっしゃったような型のローブってないでしょうか?」
と言いました。あきれたateliaが言葉を並べます。
「elinoa。あなたの気持ちはわかるけれど、madraxやカレッスロだって、同じアニメのキャラクターの名前に少しひねりを入れているのよ。けれども、服装まで真似はできないの。リネ2と『MADLAX』では、時代が違うんだから」
「それはそうですけれど……でも……」
「本家本元のように、プロフィットとして盟主様に献身的にお仕えすれば、十分だと思うけれど? 一気に1次転職Lvまで上げてくれたお礼のお返しとして、身を粉にして働く。それが一番よ」
「はあ……」
 elinoaは納得しないような表情を浮かべて、きびすを返してリビングを出て行きました。妹の姿が消えると、ateliaは急に床の上に座り込んでしまいました。
「つ…疲れた」
 先ほどのやり取りを黙って聴いていた私は、ふとあることを思い出しました。
「そういえば、やたらメイドコスチュームを求める人がいると聞いたことはあるけれど、elinoaの場合はそれとは違うわよね。本家本元のエリノアさんは、頭には何もつけていないし、濃い茶色……だったかな? そのワンピースかツーピースの服の上にエプロンをつけているだけだと思うけれど」
「まあねぇ……本物のメイド服じゃないと思いたいけどねぇ……」
 そういえばmadraxはよほどのことがない限り、片手剣や短剣を使わず、あくまで弓矢を通しています。セカンダリーもリアルがシリエンオラクルにしたかったのに、ダークウィザードの道を選びましたし……。これも名前の影響なのでしょうか?

スポンサーサイト



テーマ : リネージュ2
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

ありさ

Author:ありさ
ありさという名前は、オンラインゲーム『ラブネマ』の中でのキャラクターネームです。雑誌投稿などでは、他にも様々なペンネームを使っています。

カテゴリー
カテゴリ展開メニュー
  • ALO日記(20)
  • Original Web Novel(161)
  • ひとり言(370)
  • 宣伝(123)
  • Game Web Novel(16)
  • ブログ妖精ココロちゃん(380)
  • リリテスのリネⅡクエスト講座(21)
  • アトリエシリーズ(38)
  • オタククイズ(7)
  • ラブネマ日記(83)
  • 謎本的評論(58)
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
印刷ボタン

FC2カウンター
RSSフィード
カスタマイズメニュー
JavaScriptが有効かを表示

Lc.追いタイトル