FC2ブログ

アニメ版ミツヒデにツンデレ要素はあるか?

2011-07-19

 第2話「困惑乙女」で、ノブナガがヒデヨシを正式に家臣にすると宣言した後、ヒデヨシは隣にいたミツヒデに話しかけているとき、「ひょっとしてアケリンってツンデレ?」と言っているが、アニメ版のミツヒデにツンデレなところはあるだろうか? アニメ版のエピソードの中からそれらしきシーンをチェックしてみると、

①焼け出された村人たちを手伝っていたヒデヨシが「ご飯と甘いものをお願い」とノブナガに言ったとき、ミツヒデは反対しようとしたのだが、ノブナガが「わかった。蔵から出そう」と言い出し、ミツヒデは「御館様、あれは」と言ったのだが、ノブナガに押し切られ、頬を染めた顔をそらし、「今回だけですからね」と言っている(第2話「困惑乙女」)。
②西国に行く途中、立ち寄った小さな寺にあった露天風呂に入った後、ヒデヨシが体調を崩して寝込んでしまったとき、「ヒデヨシをこの寺に預けて、二人だけで行きましょう」と言ったとき、両手の指を動かしながら、頬が赤らんでいる(第8話「微熱乙女」)。
③ノブナガがヒデヨシの看病は自分がやるから、先に休むように言われ、「お主にまで寝込まれては困るからな」と言われたとき、デレ顔になっている(第8話「微熱乙女」)。
④ソウリンとモトチカを倒してヒデヨシを助けた後、山頂で待っていたノブナガを見て、明るい顔になっている(第9話「西国乙女」)。
⑤マサムネから渡された酒を注ぐ前に、「お主には迷惑をかけたな」と言われて、内心では喜んでいるが、表情は硬くなっている(第10話「心中乙女」)。

……だいたいこのくらいだろうか。これらからアニメ版のミツヒデがツンデレかどうかは判断しがたいが、心酔しているノブナガからねぎらいの言葉などをかけられると、うれしくなるのは確かなようである。ツンデレ要素はなくはないようである。
スポンサーサイト



テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど、確かにツンデレとは言い難いけど片鱗はありますね。
どちらかと言うと、ノブナガに対してはデレる。ヒデヨシに対してはツンって感じですが。
主なツンデレ要素はキャラクターじゃなくて、中の人、ツンデレキャラクターを演じる事が多いキタエリだからかも?

No title

 コメントありがとうございます。
 喜多村英梨さんって、ツンデレキャラクターを演じることが多いんですか。知りませんでした。
 ミツヒデって報われることがなかったから、私は応援しているんですけれどね。黒イエヤスからはヘタレメガネなんて呼ばれてしまっていましたけれど、9話の戦いの後半と12話でヘタレは返上しているんじゃないでしょうか。

ボトルメールから

ボトルメールから来ました 足跡ですww
プロフィール

ありさ

Author:ありさ
ありさという名前は、オンラインゲーム『ラブネマ』の中でのキャラクターネームです。雑誌投稿などでは、他にも様々なペンネームを使っています。

カテゴリー
カテゴリ展開メニュー
  • ALO日記(20)
  • Original Web Novel(161)
  • ひとり言(370)
  • 宣伝(123)
  • Game Web Novel(16)
  • ブログ妖精ココロちゃん(380)
  • リリテスのリネⅡクエスト講座(21)
  • アトリエシリーズ(38)
  • オタククイズ(7)
  • ラブネマ日記(83)
  • 謎本的評論(58)
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
印刷ボタン

FC2カウンター
RSSフィード
カスタマイズメニュー
JavaScriptが有効かを表示

Lc.追いタイトル