FC2ブログ

闇の末裔世界の分析(47)

2014-02-11

   京都編原作版とアニメ版の比較



★原作との比較
●邑輝は原作では11人殺したことになっているが、アニメでは1人少なくなっている。
●原作ではカウンター当番は鞠子のみで、磨紀は彼女の仕事が終わるのを待っているが、アニメでは2人ともカウンター当番で、磨紀が鞠子に、里見教授に本を届けてほしいと頼むシーンがある。
●原作では都筑たちは紫園大学前にストレートで行けていて、霊感の強い磨紀に霊体の姿を見られているが、アニメでは迷子になって附属高校に迷い込み、鞠子と磨紀に里見教授のところまで案内してもらっている。
●磨紀が邑輝の蟲雕に襲われたとき、原作では都筑は1人で買い物をしていたが、アニメでは屋台の射的に夢中になっている中、密とともに悲鳴を聞いている。
●4人が附属高校に潜入したとき、原作では紹介が鞠子の教室でのみ行なわれているが、アニメでは全校集会が開かれている。
●鞠子が都筑に悪態をついた場所が、原作では校舎の屋上だが、アニメでは路上になっている。
●鞠子を呼び出すとき、里見教授は原作では直接迎えに来ているが、アニメでは放送で呼び出している。
●嵯峨野のシーンと都筑誘拐がアニメでは逆になっている。
●嵯峨野で邑輝が織也に渡すカードキーは、原作では2枚だが、アニメでは1枚。
●都筑が邑輝に連れ去られるとき、原作では追いかけるのは亘理だが、アニメでは密はオーバーロードを起こしていないので、密が追いかけている。
●咲貴のところに行くとき、原作ではパスワードの確認や指紋照合などがあったが、アニメではカード1枚で入室できる。
●騰蛇の炎が、原作では黒と表現されているが、アニメではやや暗めの赤になっている。
●近衛課長が都筑のことを報告する相手が、原作では閻魔大王様だが、アニメでは伯爵になっている。


★アニメオリジナルシーン
●閻魔庁の1年中咲き誇るさくらを眺めながら、都筑と巽がお茶をするシーン。
●都筑・密・亘理が、巽が手配したアジトを探すシーン。
●屋台の射的で都筑・密と鞠子・磨紀が再会し、昼間のお礼にぬいぐるみを取ってあげようとするシーン。都筑は全然当たらず、密が1回で仕留めた。
●邑輝と咲貴の確執の回想シーン。
スポンサーサイト



テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ありさ

Author:ありさ
ありさという名前は、オンラインゲーム『ラブネマ』の中でのキャラクターネームです。雑誌投稿などでは、他にも様々なペンネームを使っています。

カテゴリー
カテゴリ展開メニュー
  • ALO日記(20)
  • Original Web Novel(161)
  • ひとり言(370)
  • 宣伝(123)
  • Game Web Novel(16)
  • ブログ妖精ココロちゃん(380)
  • リリテスのリネⅡクエスト講座(21)
  • アトリエシリーズ(38)
  • オタククイズ(7)
  • ラブネマ日記(83)
  • 謎本的評論(58)
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
印刷ボタン

FC2カウンター
RSSフィード
カスタマイズメニュー
JavaScriptが有効かを表示

Lc.追いタイトル