FC2ブログ

闇の末裔世界の分析(41)

2014-02-08

   「十二神将」を扱える人間は都筑だけではない?



 都筑の式神が12人いるのは、1巻115ページの「我を加護する十二の神よ」から判明し、そのパワーがビル1つを壊すほどのとんでもなさ(1巻156・159ページ)で、悪魔サーガタナスに操られたとき(2巻収録「悪魔のトリル」)や、邑輝に操られて都筑を襲撃してきた鵤鞠子を、彼の目の前で一撃で粉砕し、都筑が精神崩壊を起こしてしまったとき(8巻35~38ページ)には閻魔庁の庁舎に大ダメージを与えていた(2巻・8巻参照)。騰蛇を召喚したときの被害を巽から聞かされたときの都筑の反応(9巻93ページ)は、まずムンクの叫び状態になり、巽に土下座をして謝り、恐怖のあまりに腰が抜けるというほどだった。
 実は、自分が扱う式神が「十二神将」(正確には「式神十二神将」)と呼ばれているキャラクターが、別の作品にいることをご存知だろうか?
 それは椎名高志氏原作でアニメ化もされた、小学館の週刊少年サンデーに連載されていた『GS(ゴーストスイーパー)美神 極楽大作戦!!』に登場する式神使い、六道冥子である。
 ただし、都筑の十二神将と、冥子の十二神将では、内容が違う。しかも『GS美神 極楽大作戦!!』の謎本『ゴーストスイーパーの秘密』(国際ゴーストスイーパー協会著/データハウス)によると、名前に関しては冥子の十二神将の方が、実際の十二神将に近いものらしいのだ(『ゴーストスイーパーの秘密』62~69ページ)。もう一つ加えると、冥子の十二神将は十二支とも組み合わされている。
 冥子の十二神将と、その形態、能力は以下の通りである。


1.クビラ/ネズミ/霊視能力
2.バサラ/ウシ/霊を吸い込む
3.キメラ/トラ/短距離の瞬間移動
4.アンチラ/ウサギ/鋭い耳で敵を切り裂く
5.アジラ/リュウ/炎を吐き、敵を石化させる
6.サンチラ/ヘビ/電撃攻撃
7.インダラ/ウマ/時速300キロで走る
8.ハイラ/ヒツジ/毛針攻撃・夢に入り込む
9.マコラ/サル/変身能力
10.シンダラ/トリ/亜音速の飛行
11.ショウトラ/イヌ/治癒能力
12.ビカラ/イノシシ/戦車並みの怪力


 また、冥子の式神は実力で手に入れたものではなく、先祖代々から継承したものなので、はっきりいって彼女は「苦労」というものを知らない。しかも彼女の精神が不安定になるたびに、式神全員が出てきて大暴走を引き起こし、建物の崩壊など、とんでもない事態をたびたび引き起こしている(式神1匹1匹の威力は、都筑のそれと比べれば小さいものなのだが……)。
 他にも、都筑は召喚するときに呪文を唱えるが、冥子の場合は常に彼女の陰の中にいて、名前を呼ぶとたちまちのうちに出現するという違いがある(だから簡単に大暴走が起きるのである)。
 1人でも建物を1つ壊せるほど強力だが、きちんとコントロールできる式神と、1人1人ではさほど力はないが、精神不安定になるとまとめて出てきて大暴走を起こす式神たち。あなたはどちらを選びますか?

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

闇の末裔世界の分析(40)

2014-02-08

   都筑の式神、十二神将



 都筑が従える式神たちは、9巻121ページから「十二神将」と呼ばれ、式神たちの故郷である幻想界を管理する存在であることが、10巻27ページで明かされている。
 幻想界を支える存在(そういえば6巻146ページで巽がワームホールについて、「白虎はともかく蒼龍までも気づかないとは」と発言していた。彼も都筑の式神たちが幻想界を管理していることを知っているようだ)を式神として従えている都筑って……と思うが、ここはそのことを考える項ではない。ここでは8巻まで活躍しなかったり名前も出なかった者まで含めて、「十二神将」を全員紹介しようと思う。
 なお、紹介は『闇の末裔』における登場順で行なう。紹介は称号、初登場巻数とページ、登場したエピソードと登場回数(エピソード内で何回召喚されていても、1エピソードを1回と数える)、召喚するときの呪文(召喚する呪文の前に、「伏して願い奉る 我を加護する十二の神よ」と唱えていることが多い)、召喚されたときの活躍などである。


★朱雀
 南方守護獣にして、四大精霊王の一員でもある。「十二神将」の中では1巻115ページと、いの一番に登場。都筑の意志で召喚されたのは、1巻収録の〈長崎編〉、4巻収録の〈聖ミシェル編(薔薇の名前)〉(180ページ)、市販版ドラマCDだが、都筑の身体に寄生した悪魔サーガタナスに操られた「悪魔のトリル」(2巻141ページ)、自らの意志で出現した〈京都編〉(8巻30~40ページ)を含めると、登場回数は5回と、「十二神将」の中でもっとも多い。
 〈長崎編〉では「我が前に姿を現したまえ!」で登場していたが、〈聖ミシェル編(薔薇の名前)〉と市販版ドラマCDでは、「滅びと再生を司る赤き烈火の炎よ 破壊の翼で天空を貫け 出よ 朱雀!!!」と唱えていた。
 生命の四大元素の一つ、火を司り、その力で戦う。人間界では炎の鳥の姿で出現するが、幻想界では姉御肌の女性(人間形態での初登場は、10巻10ページ)で、白虎や都筑からも「姐さん」と呼ばれている。また、戦闘時には非常に大きな剣を携帯している(10巻11ページなど)。〈京都編〉以来、都筑の死への望み(8巻123~124ページ)を受け入れた蛇神騰蛇を目の敵にしている(10巻144ページなど)。
 都筑に心底ホレていて、都筑のピンチを察知して、召喚呪文も唱えられていないのに自らの意志で人間界に姿を現し、邑輝に操られた鵤鞠子をためらいもなく殺して、それを目の前にして精神崩壊を起こしてしまった都筑を護り続け(8巻31~38ページ)、他の精霊王も呼び(同巻39ページ)、蒼龍がそれに呼応して姿を現した(同巻40~41ページ)。
 また、幻想界の天空宮で騰蛇に喧嘩を売っても、都筑の姿を見ると急にしおらしくなってしまう(10巻10~12・136~137ページ)。〈京都編〉で鵤鞠子を誤って殺してしまったこと(8巻36~38ページ)を〈幻想界編〉で謝り、自分は続きを愛しており、たとえどんなことがあっても都筑を護りたかったのだと打ち明けている(10巻137~139ページ)。
 そんな朱雀に対し、都筑は「いいんだ… もういいんだよ… 俺も姐さんのことが大好きだから。 十二神将(みんな)は俺の… 誇りなんだから…」と慰めていた(同巻140~141ページ)。


★白虎
 西方守護獣にして、四大精霊王の一員。初登場は2巻116ページ。「悪魔のトリル」(2巻収録)〈ルカ編(書物の世界編)〉〈沖縄編〉応募者全員ドラマCDの4回登場しているが、いずれも都筑の意志による召喚である(ただし、「悪魔のトリル」では2回召喚されていて、うち1回は都筑に寄生した悪魔サーガタナスの仕業である。また、〈京都編〉では8巻40~41ページに姿が確認できないため、朱雀に呼応していたとしても数えないことにする)。
 「悪魔のトリル」と応募者全員ドラマCDでは「大気の刃真空の鋼白銀の牙に宿れ 我が前に姿を現したまえ白虎よ!!!」で出現していたが、〈ルカ編(書物の世界編)〉〈沖縄編〉では「出でよ! 白虎ーっ!!」で召喚されていた。
 生命の四大元素の一つ、風を司り、真空波(2巻119ページなど)、や超音波(5巻177ページ)を駆使して戦う他、都筑や密の移動手段としても活躍することが多い(5巻174~175ページ・10巻39~44ページ)。また〈ルカ編(書物の世界編)〉ではルカの薬代稼ぎのために火の輪くぐりをやらされ(5巻97ページ)、後で都筑から謝られていた(同巻101ページ)が、白虎は気にしていなかった(同巻101~102ページ)。もっともその後で「玄武翁はいいとして-蒼龍のダンナと朱雀の姐さんは手強いだろうな。」とクギを刺していた。さすがの都筑も「二人にはだまっといて… おネガイ」と言っている。
 幻想界では密と同じくらいかやや上くらいの少年の姿をしているが、なぜか尻尾だけが原型時と同じくついている(人間形態での初登場は9巻174ページ)。性格は都筑に言わせると「お笑い好き」(6巻114ページ)。先の火の輪くぐりもその性格の一端だろう。いつもは都筑が幻想界に来ると、真っ先に飛んでくるらしいが(10巻8ページ)、〈幻想界編〉では本来の仕事があったため飛んでこず、都筑と密は天空宮の中を迷う羽目になってしまった。
 また、密の式神探しのときに原型になって話をしていたときに原型時と人間形態の時の口調の違いを指摘されている(10巻43ページ)。その後危険区域になったばかりのところに密を案内してしまい、しかもその場所の主を怒らせたことを他人事のように言って、密から「も いい。あんたくび!!!」と言われてしまった(10巻47~51ページ)。


★蒼龍
 東方守護獣にして、四大精霊王の一員。同時に十二神将の筆頭でもある。
 初登場は4巻60ページ。4巻収録〈北海道編〉(前記)と6巻収録〈書庫崩壊編〉(21・33ページ)では、都筑の意志で召喚されているが、精神崩壊を起こした都筑を護ろうとした朱雀の呼びかけに呼応して、〈京都編〉8巻40~41ページにも姿を現している。
 〈北海道編〉では「蒼き水 蒼き光 凍れる吐息となりて敵を討て!! 我が前に姿を現し給え!! 出でよ蒼龍!!!」で現れていたが、〈書庫崩壊編〉では「出でよ蒼龍ーっ!!!」で出現していた。
 生命の四大元素の一つ、水を司り、「瀞海波」という秘奥義を持つ(6巻23ページ)。水を司るだけあって、身体の3分の2は水である人間の気持ちもある程度までなら理解できるようだ(12巻)。
 幻想界では、密の父、流に似た容姿をしているが、髪は青い(人間形態の初登場は、9巻79ページ)。はるか昔、友であった倶梨伽羅龍王と仲違いし、大戦争の末に倶梨伽羅を浮遊砂漠に追放して、幻想界の実権と十二神将の筆頭の座を手に入れたようだ(同巻70~72ページ)。現在では他の十二神将たちとともに、幻想界を管理している(同巻70~72ページ)。
 そんな蒼龍を摩周湖の主(4巻60~61ページ)や寺杣との喧嘩(6巻21・23ページ)というたいした理由のない召喚をするためか、都筑は幻想界に来る度にお説教をされているようである(10巻54ページ)。また、倶梨伽羅が黄帝の存在に対して疑問を投げかけたときに刃を交えようとして都筑に止められ(昼行灯の都筑でも、主人の命令は絶対のため)、承諾しながらも屈辱を感じ、都筑を思いっきりにらみ付けている(11巻104~107ページ)。十二神将の一員である六合は、彼のことを「人の上に立つべきではない男」と冷たく評価している(同巻55ページ)。
 しかしそんな蒼龍も、息子の貴人や天后にはやさしい父親の顔を見せ(10巻77~79ページ・単行本未収録分)、泣き出した都筑に謝ることもある(11巻71ページ)。


★騰蛇
 蛇神。初登場は8巻110ページ。人間界に召喚されたのは〈京都編〉の1回のみで、邑輝の抹殺、紫園大学の地下研究所の爆破とともに、自殺を決意した都筑の意志による召喚である。
 呪文は「黒の焔(ほむら)より沸きいづる陽炎よ 天の蛇(くちなわ)となりて是(こ)に舞い降り給え」(8巻108ページ)である。
 朱雀よりも高温の黒い炎を操るが、その力は都筑本人をも滅ぼしかねず、そのために自分を使役することを避けていたのではないかと騰蛇本人が都筑に言っている(8巻122ページ)。しかし、死ぬことしか考えていなかった都筑は「俺は…もう助かりたくない」と言い(同巻123ページ)、自分の死を望んだ。
 騰蛇の炎は「紫園のみならず周囲の森や民家をも呑み込んだ 幸いにして死傷者は出なかったがその黒い焔が燃える様はさながら地獄の業火のようだったという」(8巻138ページ)。超高温の炎の中に密が飛び込んできて運命を共にしようとし(同巻136~137ページ)、亘理に説得された巽が(同巻131~132ページ)影を使って2人を救出しなければ(同巻139・147ページ)、都筑は確実に死んでいただろう。そしておそらくは巽も自分の精神を殉じさせて、死ぬまでの8年間の都筑の様な生活を送ったに違いない。
 9巻93ページで不機嫌な巽が請求書を見せて、「京都でアンタが壊しまくったものの総額を見たら。」と言った瞬間、都筑はムンクの叫び状態になってしまい、巽に「ごめんなサイ もおしません 許して下サイ」と土下座をしていて、巽がそのことで怒っているのではないと説明しても、都筑は恐怖のあまりに腰が抜けた上に、本当に怒っていないのかと何度も念を押していた。しかし、10巻132ページの天空の発言によると、どうやらこれは「制御装置をつけた上」での被害らしい。
 幻想界ではアクションハードボイルドの主人公を思わせる容姿(人間形態の初登場は9巻177ページ)。ショートカットでサイバーグラスをしており、コンピューター処理を任されることもある(10巻35ページ・11巻67~72ページ)。
 実は彼はその力の強さゆえに天空宮に監禁されていたところを、都筑の口添えによって救われたという過去がある(10巻126~133ページ。このころはロングヘアだった)。そのためか彼は、「俺はお前の命令しか聞かぬし、お前の命令以外は何も聞かぬのだ」(9巻179ページ)、「俺は-都筑(ヤツ)の望むように生きる…!!」(10巻133ページ)、「俺は“都筑のモノ”だ 黄帝も世界も知ったことか!」(12巻)など、都筑以外に関心がない発言が目立つ。
 観星亭で密が蒼龍に殺されそうになった一件(9巻145~151ページ)を見かけながら放っておいたことを都筑に怒られ、泣き喚かれた(9巻179ページ)ことから、密のことも気にかけるようになり、彼が玄武に倶梨伽羅のことを尋ねてきた(10巻90~93ページ)ことを問いかけて、玄武から「今日は雪でも降るんかいのォ」とからかわれたときも、「どうも都筑はあの坊や(密)が大事らしいからな でなきゃあんな子供(ガキ)に興味はない。」と理由を説明していた(同巻116ページ)。
 都筑が望んだ死という名の自由を与えようとした(10巻144~147ページの騰蛇本人の発言から)ことから、たとえ精神崩壊を起こしても彼を護ろうとした(8巻31~33ページ)朱雀との仲は険悪化(といっても、朱雀が一方的に攻撃し、騰蛇がかわしているだけだが)。一度は仲直りをしようとした(10巻143ページ)騰蛇だったが、逆に彼女を怒らせてしまい、余計にこじれてしまったようだ。


★天空
 天空宮。人間界に召喚されたことはないが、幻想界での全景を見せたのは9巻106~107ページ。十二神将の住む建物そのものだが、他の式神との意思の疎通は可能なようである(10巻130~132ページ。主である都筑については不明だが、おそらく可能だろう)。年若い貴人(9巻142ページ)や騰蛇(9巻178ページ・10巻131ページ)からは「天空小父(貴人は「様」をつける)」と呼ばれている。
 人間界に召喚するための呪文は不明で、出現するときの姿もわかっていない。
 能力も不明だが、9巻によるとどうも罠作りが趣味(?)らしく、密は上空から天空宮の全景を見ようと飛んだはずが、天空の転環術(ループ)によって地上に戻され(9巻135・141ページ)、都筑は飛んできた蝶の後についていって、新しく作られたワニの池に落ちそうになったところを騰蛇に注意されている(同巻178ページ)。
 また、騰蛇は都筑に救われるまで、この天空宮に監禁されていたことが、10巻126~132ページで判明している。


★大陰
 称号、人間界に召喚されたときの姿、能力、召喚する呪文など一切不明。幻想界では埴輪の顔が描かれた壺の形をしていて(9巻133ページなど)、密も初めて会った時には、ただの壺かと思ったようだ(実は私もそう思っていた)。ただ、単行本削除分で、父の似顔絵を一生懸命描いた天后に、それを蒼龍に見せてくるようにアドバイスをしていたところを見ると、意思の疎通は可能なようである。


★貴人・天后
 貴人の称号は雷帝、天后の称号は海皇。東方守護獣蒼龍の子息子女。11巻6ページによると、倶梨伽羅との戦いのとき、蒼龍が黄帝陛下から分け与えられた力があまりにも大きすぎて彼の身体から溢れ出し、天に飛び散った力から生まれたのが貴人、海に流れ落ちた力から生まれたのが天后になったという。いわば「私(蒼龍)の分身も同然」(11巻5ページの蒼龍の発言から)の存在。
 人間界に召喚されたことはないが、人間形態での初登場は9巻142ページ。ただし、5巻102ページの白虎の発言の中に2人に触れたものがあり、それが伯爵の小説にそのまま採用されたらしく、密も貴人に教えられるまま観星亭に行ったとき、2人の名前を思い出して、「どっかで聞いた様な…」と感じていた(9巻143ページ)。
 幻想界での人間形態は、貴人は密と同じくらいの少年、天后は十二神将中もっとも幼い少女の姿をしている。
 2人の戦闘能力は不明だが、おそらく称号に関連した力を持っていると思われる。また、貴人には言霊を操る能力があることが判明している(9巻143ページなど)。
 父親である蒼龍との仲は非常によく、父親の気の乱れを感じた貴人がその場に駆けつけてきたり(9巻153ページ)、倶梨伽羅の右腕と呼ばれる剣、布都御霊(ちなみに左腕は天之叢雲といい、日本の天皇家の三種の神器の1つ、草薙剣の別名と同じである)によって重傷を負わされた父を貴人は心配し、父が布都御霊に刺された姿を目の当たりにしてしまった妹のことも気遣っている(12巻)。両親の迫害を受けて育った密は、そんな親子の姿にちょっと胸がずき…となっていた(10巻79ページ)。


★六合(りくごう)
 占星術師。幻想界で行方不明になってしまった密のことを占ったこともある(10巻164ページ)。人間界に召喚されたことはないが、人間形態での初登場は9巻152ページ。人間界に召喚されたときの姿、召喚呪文もわかっていない。後に紹介する玄武を「お師匠様」と呼んでいる(9巻161ページ)他、都筑に対する臣下の礼も忘れない(10巻53ページ。都筑は「それ止めろっていっただろ」と言っているが)。また、時には研究発表のため、『封神演義』などで有名な崑崙に行くこともあるようだ(同巻89ページ)。
 蒼龍が風花を運んできた密を「幻想界に災いをもたらす! 凶兆だ!!!」と言って殺そうとしたのを、自分の術を使って救い出し(召喚時にも使える術か?)、蒼龍の言葉に生前聞いた言葉を思い出して気を失ってしまった密(9巻145~155ページ)を天空宮の自分の館に連れてきた(同巻161ページ)。この際、密に自分の身体の特徴を使ったドッキリをしかけて(同巻162~166ページ)、外で迷子になっていた都筑にまで聞こえたほど(もっとも都筑は空耳だと思ったが)の絶叫をさせている。
 都筑の式神を探すために再び出かけようとした密の話を聞いて、彼が都筑の今の相方であることを知り、天空宮の見取図を渡して、中央の拝殿に向かうようにアドバイスをしたが(9巻169~172ページ)、このときに式神が幻想界では人間の姿をしていることを説明せずに送り出した。密がそのことを知ったのは、9巻176ページで拝殿で密にぶつかってきた少年が白虎の人間形態だと知ってからのことだった。
 これだけ聞くとお茶目な人というイメージだが、彼は物事を冷静に見ることができる批評家でもある。
 10巻54~55ページで蒼龍に呼び出されていることを思い出した都筑に、「そんなモノすっぽかせばいいんですよ」と言い、「あの人は自分のイライラを他人にぶつけて気をはらしたいだけなんですよ-」と分析して、最後には「人の上に立つべきではない男なんですよ 蒼龍(ヤツ)は」と手厳しい評価をしている。
 また、蒼龍が息子の貴人に幻想界の軍隊の全権を委ねたとき、六合は「世襲とは今時ナンセンス極まりない… これだから幻想界(ウチ)はよその国家からナメられるんですよ 全く時代錯誤(アナログ)な連中ばかりだ」と分析し、都筑や後で紹介する大裳が弁護しても、「皆様お優しいことで…」と皮肉っぽく言って、騰蛇に意見を求めた。
 騰蛇が「興味ない。」と自分の意見を言うと、彼が制御装置をつけられている身であることを言い、「所詮烏合の衆なのですよ… この国は…」と冷静な評価をし、雷帝貴人が彼らをどうまとめていくか、「お手並み拝見といきましょうか?」と呟いていた(12巻)。
 十二神将の中で、もっとも頼りがいがあるのは、この六合かもしれない。


★玄武
 北方守護獣にして、四大精霊王の一員でもある。人間界に召喚されたことはないが(〈京都編〉では8巻40~41ページに姿が確認できないため、朱雀に呼応していたとしても数えないことにする)、人間形態での初登場は9巻160ページで、背の低い長老の姿をしている。能力は不明だが、六合のお師匠様でもあり(同巻161ページ)、十二神将筆頭である蒼龍も「翁」と呼んで、一目置いている(同巻115ページ)。
 普段は小遣いをねだって六合に足蹴にされたり(9巻161ページ)、メイドさんに殴られたりしている(10巻88ページ)が、倶梨伽羅龍王のことを密が尋ねに来たとき、ちょうど外出していた六合の代わりに密の話を聞いてあげて、都筑すらも式にできなかった倶梨伽羅のことは諦めたほうがいいとアドバイスしていた(10巻89~93ページ)。そのアドバイスすら密は無視に近い形で倶梨伽羅に会いに行く決意を固めてしまったのだから(同巻121ページ)、密の思いは並大抵ではない。
 倶梨伽羅が浮遊砂漠から幻想界に戻ってきたときには、貴人から本部の管理を任された(単行本未収録分)。


★大裳
 禁術士。人間界に召喚されたことはないが、人間形態での初登場は9巻173ページ。顔を黒い布(?)で覆っていて、性別不明。拝殿に向かっていた密をその容姿で驚かせた。能力や召喚呪文などはわかっていない。


★勾陳
 宮廷音楽家。人間界に召喚されたことはないが、人間形態での初登場は9巻173ページ。密と初めて会ったときには投げキッスをして動揺させ、十二神将勢ぞろいで自己紹介をした後、「はぁい また会ったわね ぼーや」と、積極的に迫って(?)きていた(10巻14ページ)。12巻で癒しの歌を歌っているところを見ると、どうやら自らが奏でる歌や音楽によって、様々なことを行なえるらしい。また、天后にせがまれて昔語りをしてあげることもあるようだ(10巻68~69ページ)。


 以上、都筑に従う十二神将を紹介してみた。
 幻想界は彼らによって支えられている。彼らの気のためか、天空宮の周辺には、密が満足できる式神はいないらしい(10巻61ページ)。貴人はそんな密のために相性ヌキで使える式神のリストを見せてあげたのだが(同巻62ページ)、それが思わぬ事態を引き起こすと思っていただろうか。
 その事態を踏まえて、もう1人のことも紹介しておこう。


★倶梨伽羅龍王
 東方守護獣蒼龍と同じ、龍族の最高クラスである亢龍。同時に鍛冶の神でもあり、日本神話に出てくるほとんどの神剣は彼が魂を分け与えて作り出したものらしい。龍族のほとんどが水属性なのに対し、密と相性が悪いと言われた火属性(10巻36ページ)。
 蒼龍と戦争を起こして浮遊砂漠に隔離され、十二神将の張る結界の中で右腕の布都御霊、左腕の天之叢雲とともに刀鍛冶をしながら暮らしていたが(11巻13~14ページ)、密が落ちたワームホールによってその結界が破れ(10巻125~127ページ)、彼の警護を若葉から頼まれていた朱雀門の門番、鴉天狗の孤太郎が生じさせた時空転移によって、右腕である布都御霊が脱獄したことから(11巻75ページ)、幻想界に戻ってきた(12巻)。
 以前、式になることを断った都筑から「何で戦争なんか起こしたんだ?」と問いかけられ、ノーコメントで帰れと言い(11巻108~109ページ)、庵の外に出て花を見つけ、それを手にして見つめている姿からは、深い事情があるらしいことが伺える(同巻110~113ページ)。
 幻想界を再び戦火に巻き込まないために都筑と密が仲介に入り、その際に密が倶梨伽羅を式神にすると宣言したことから、彼は自らの力でワームホールを生じさせ、そこに密を放り込んで試練を受けさせている。その中で彼は黄帝の正体を見抜いたらしいが(単行本未収録分)……。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

闇の末裔世界の分析(39)

2014-02-08

   式神とは?



 『闇の末裔』における式神とは、都筑たち死神のパートナーである。
 彼らは普段、電脳世界に存在する幻想界(ただし、10巻27ページによると、「民族・宗教によっていくつかの領域(エリア)に分けられ各々違う名を持ち独立した国家を形成している」そうである)に存在して、呪文によって召喚されたり、寺杣の火眼黒狻猊(4巻108ページ、6巻21・23ページなど)のように術者の身体に取りついていて、術者が危険にさらされたり、命令したりすると出現したりする。これについては9巻120~124ページにかけて都筑が詳しく説明してくれているので、そちらを参考にしてほしい。
 また、主人と式神の間には相性があり、密は検査室で式神との相性を調べられていたが(10巻35~36ページ)、それらに満足できない密を見た貴人から、「人は生まれた年の星の並びによって持てる式神が決まっている」ことが明かされている(同巻62ページ)。
 貴人は密が「ハイリスク・ハイリターンでもかまわない… 強い式神がほしい」と感じると、「相性ヌキで君(密)が使える式神の全リストを見せてあげるよ 皆 君よりもはるかに格(レベル)の高い能力的にも上位の式(もの)たちだ」と、密に彼が使える式神のリストを見せた(同前)。この中で密は名前が消されている倶梨伽羅に興味を持ち、貴人の警告(同巻64ページ)を無視して倶梨伽羅のことを調べ始めてしまう。都筑(同巻74ページ)や玄武(同巻92~93ページ)の忠告まで無視して密は行動を起こしてしまうが、それは幻想界に新たなる火種を持ち込んでしまった。都筑と対等になりたい、護られるだけの存在でいたくない。ただそれだけの願いだったのに……。
 都筑は1巻145ページで邑輝から「もっとも強い呪術力と式神を従える」と言われ、事実、同巻155ページで朱雀を召喚している。このときの呪文の中に、「我を加護する十二の神よ」という言葉があることと、朱雀を見た邑輝が「-伝説の-炎の式神」と思っていることから、都筑が最強の式神12人(『闇の末裔』では「匹」と数える場合が多いのだが、ここでは私の判断で「人」で数えることにする。なお、本来の神様の数え方は「柱」である)も従えていることがわかった。ちなみに、「通常1人が扱える式神は2~3匹が限度」(4巻92ページ)だというから、都筑がいかに優秀な死神かは、すぐにわかるというものだ。この上倶梨伽羅龍王までも式神にしようとしたというのだから(10巻75~76ページの朱雀の発言、同巻93ページの玄武の発言、同巻183ページのラクダの発言から)、式神探しをしていた当時の都筑は、精神が安定していたのだろう。こう考えれば、巽と組んでいた当時不安定になっていたのは「戦争」が原因と見てまず間違いないと思われる(「巽は何年生まれ?」参照)。
 邑輝も都筑が「閻魔大王の片腕」と呼ばれていることくらいは知っていたようだが(1巻151ページ)、まさか「四神(『闇の末裔』では「四大精霊王」。8巻41ページ、10巻88ページ)の1人とも呼ばれる朱雀を召喚できるとまでは思っても見なかったようだ。
 が、都筑の従える十二神将の欠点は、そのパワーの強さ。都筑の借金の大半は、彼らが敵を倒すと同時に建物を壊してしまったことによる修理費と思われるからである(1巻159ページ、2巻192ページ、4巻182ページ、5巻177ページ、6巻収録〈書庫崩壊編〉、8巻29・42・138ページ、9巻93ページ、応募者全員ドラマCD、市販版ドラマCDなど)。
 また、召喚型の式神は、幻想界では人間形態をとっているものが多い(大陰や天空のような例外もある)。そういえば『キャラクターブック』29ページによると、倶生神兄弟も幻想界の出身だそうだが、幻想界に帰ると彼らも形態が変わるのだろうか? 単行本12巻までの間に、そのことがわかる記述はない。
 都筑はこのことを密に説明するのを忘れていた上、十二神将たちを探していたときに密が知り合った六合(実は彼も十二神将の1人)もそのことを話しておかなかったため、密はひどい目にあってしまい(9巻145~155・162~166・174~176ページ)、一度二手に分かれて(9巻134ページ)合流した都筑を怒りのあまりに殴ろうと追い掛け回していた(10巻9ページ)。
 一方、寺杣が先代の第4エリア(中国地区)担当者から無理やり引き継がされた(9巻118ページ)火眼黒狻猊も、都筑の十二神将の1人、蒼龍と一緒になって新書庫室を崩壊させてしまったことがあり(6巻収録〈書庫崩壊編〉)、4巻の〈武芸会編〉でも2回変身して(108・112ページ)、大騒ぎを巻き起こしてしまったという前科がある。これは本人の女性恐怖症が原因なのだそうだが、それにしても迷惑な話である。
 他にも、第1エリア(沖縄地区)担当の赤嶺千鶴は、〈沖縄編〉でシーサーを式神にしている(これに関する経緯は、6巻収録の〈沖縄編〉を参照のこと)。
 これらから察するに、『闇の末裔』の中に登場する式神というのは、密が初めて式神にしたリコ(10巻57ページ。パソコンでも漢字変換にないので、カタカナにします)や、都筑と一緒になって昼寝をしていたり、朱雀との話し合いに失敗した騰蛇に寄り添っていたヘイヘイ(同巻134・146ページ。これもパソコンに漢字がありませんでした)のような例外はあるにしても(いや、ヘイヘイたちは実力を見せていないだけで、わからないが)非常に高いパワーを有しているようである。確かに地上の人間が扱えるものではないことは確かだと思う。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

闇の末裔世界の分析(37)

2014-02-08

   地上と冥府のホットラインの使用条件は?



 2巻17ページで、近衛課長が閻魔庁召喚課のオフィスから、東城緋冴の自宅に電話をかけてきたとき、都筑は「どうやってデンワなんて…」と驚いていた。取り付く島のない課長の一方的な言い様に、都筑はついに泣き出してしまったが、そんな彼に対して課長は、「彼女(東城緋冴)に特別な感情は持つな!!」と警告している。事実、都筑は緋冴に恋心に近い感情を抱いてしまっていたようだ(2巻38~39・45~46ページの密の発言による。「近い」という表現にしたのは、2巻37ページの都筑の話があるから)。
 私が小さいころ、死者から電話がかかってきたという話を読んだことがあるが(言っておくが、私は伝奇アクションものは好きでも、怪奇ものは大嫌いなのである)、このときの都筑の様子から、通常ならば冥府から地上へ、地上から冥府へ電話をかけることはできないと思われる。
 事実、2巻収録の「悪魔のトリル」で、密は都筑の異変を閻魔庁に戻ってから、課長に報告している(139~140ページ)。地上から冥府をへ電話を使えば、もっと早く対策が立てられたはずなのに、である。
 ただ、パソコン関係は例外らしく、倶生神兄弟は〈長崎編〉(1巻51ページ)や「スォードのK」(3巻85ページ)で仕事用のパソコンを持参し、通信を行なっていた(ただし、後者では通信がまったくできなかった。3巻85・107ページ)。
 が、6巻117ページの巽の「電話すりゃあ早いのに」という発言から、都筑ならば地上から冥府へ電話をかけられるらしいという考えが出てきたのである。
 このとき、都筑は巽から料理のレシピを教わろうとして、使い魔に手紙を持っていってもらい、「受講料拾萬圓也」という返事をもらった(6巻118ページ)のだが、おそらく電話ではメモを取るのがやっかいだと思ったためだろう。
 冥府から地上に電話をかけた課長と、地上から冥府に電話をかけられる(らしい)都筑。この2人の共通点といえば、呪術力の高さである。
 都筑は十二神将を式神としているほどの呪術力の持ち主だし、課長も呪術師としては優秀らしい(『キャラクターブック』29ページ)。
 つまり、都筑や課長ほどの呪術力があれば、冥府から地上へ、地上から冥府へ、電話をかけることは可能らしいのだ。密も課長から「霊縛」を教わり、実行できたのだから(2巻149~150ページ)、2人のどちらかからやり方を教われば電話をできるようになるだろう。が、両親の迫害(1巻107ページ)を思えば、地上に電話をかける相手などいないのかもしれない。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

闇の末裔世界の分析(37)

2014-02-08

   冥府にあるもの、ないもの



 『闇の末裔』の冥府は「地上と対をなす鏡の世界」であり、「建物も風景も地上とほとんど変わりが」ない(1巻187ページ)。地上と同じような世界だから、地上と同じものもある。そして、地上にあっても冥府にないものも存在する。
 地上の国会議事堂の真下に十王庁第五法廷閻魔庁があるし(1巻187ページ)、沖縄の首里城の真下には第一法廷秦広庁がある(6巻53ページ)。また、9巻86ページには日本武道館の真下にあると思しき建物が描かれている。
 また、都筑はアパート住まい、亘理は自宅とは別にレンタルの研究所がある(3巻197ページで判明)。近衛課長の自宅は4巻69ページ(吹き出しがあるので、全景は不明)、密の家は6巻29ページに紹介されている(ひょっとすると、皆様の家の真下にも同じ家があって、誰か住んでいるかもしれませんよ)。1巻収録の「むこう岸の2人」で都筑と安宿が寄った居酒屋(23ページ)、安宿が都筑に蹴り落とされた噴水(24~25ページ)なども、冥府のもののようである。
 また、〈仮装パーティー編〉で巽が車を運転していたシーン(9巻77ページ)があったところを見ると、ガソリンスタンドや自動車教習所などもあるようだ。ただ、運転免許証が地上のものと同じかどうかは、単行本12巻までの間ではわからない。
 地上にあって、冥府にないものといって、最初に出てくるのは「お土産屋さん」のようだ。都筑は1巻50ページで「福砂屋のカステラ」を、3巻11ページで「太宰府天満宮の梅ヶ枝餅」を買ってくるようにと課長から注文されている(ちなみに後者では巽も「香港名物の中華まん」を頼んでいた)。
 このときには冥府にも同じ店があるのかと思っていたのだが、7巻117ページで巽が「私が倶生神の代理で京都に行くといったらあちこちからお土産を頼まれましてね」と発言していることから、この考えは覆された。
 まあ、もともと冥府にも「お土産屋さん」があったら、ニア・デス体験(一度魂が身体から離れて、死後の世界をさまよって帰ってくる体験)をした人たちが、そういうものを見てきたと話しているはずだし……。
 ホテルなど「宿泊施設」も「ノー」だろう。〈長崎編〉で都筑は、宿泊先のホテルで「長崎歌謡祭」を観ているし(1巻75ページ)、〈京都編〉で都筑たち3人が調査の拠点として借りた古い家は、邑輝に場所を知られていた(7巻109ページの巽の発言から)。
 問題は「地上と冥府のお金は共通なのか?」ということだが、これに関しては「イエス」のようだ。もし共通でなかったら、都筑たち死神が、出張に際して、銀行で冥府のお金を地上のそれに両替しているシーンが年中あるはずだからである。巽も〈京都編〉で有名なクレジットカードを使っている(7巻109ページ)のを思えば、共通とみてまず間違いないだろう。
 ちなみに、J・K・ローリング氏の世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズには、魔法使い専用の貨幣や銀行が存在し、第2作、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』には、人間(シリーズ中では「マグル」と呼ばれている)が、自分たちのお金を魔法使い用のそれに両替しているシーンがある。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ありさ

Author:ありさ
ありさという名前は、オンラインゲーム『ラブネマ』の中でのキャラクターネームです。雑誌投稿などでは、他にも様々なペンネームを使っています。

カテゴリー
カテゴリ展開メニュー
  • ALO日記(20)
  • Original Web Novel(161)
  • ひとり言(370)
  • 宣伝(123)
  • Game Web Novel(16)
  • ブログ妖精ココロちゃん(380)
  • リリテスのリネⅡクエスト講座(21)
  • アトリエシリーズ(38)
  • オタククイズ(7)
  • ラブネマ日記(83)
  • 謎本的評論(58)
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
印刷ボタン

FC2カウンター
RSSフィード
カスタマイズメニュー
JavaScriptが有効かを表示

Lc.追いタイトル